ベラジョンカジノの危険性は?

ベラジョンカジノを利用しようとしている人にとって、ベラジョンカジノの危険性について気になることは当然のことでしょう。

「登録して安全に楽しむことができるのか。」
「逮捕されるなどのリスクはないのか。」

特に初めてベラジョンカジノのようなオンラインカジノをプレイするユーザーにとっては大事なポイントですよね。

そこで、今回はベラジョンカジノの危険性について、以下の5つのポイントから調査してみました。

ベラジョンカジノの危険性を考えるポイント
  1. ライセンスは?
  2. 運営実績は?
  3. 日本での法律は?
  4. サポート体制は?
  5. 実際のユーザーの声は?
目次

ライセンスから考えるベラジョンカジノの危険性

まずはベラジョンカジノが取得しているライセンスについてみていきます。

オンラインカジノのようなインターネット上のギャンブルには政府に承認されているライセンスが必要です。そのライセンスを取得することで合法的に運営することができるようになります。

ライセンスの取得には健全な運営ができているかの審査や毎年のライセンス更新料が必要です。

つまり、ライセンスを取得していないと「違法に運営されている」ということになります。

ベラジョンカジノは「キュラソーライセンス」を取得して運営されています。

ベラジョンのライセンス

詳しく見ると、キュラソー政府が認可する「Master Gaming License #1668/JAZ」を「CEG Curaçao Egaming(キュラソーeゲーミング監査機関)」により付与されています。

キュラソーライセンスは数多くのオンラインカジノ会社が取得しており、ベラジョンカジノなどの規模が大きいオンラインカジノからまだまだ無名のカジノまで、取得可能な比較的取得しやすいライセンスだと言われています。

ライセンス料が安く、信頼性もあることから最近特に人気のライセンスとなっており、ベラジョンカジノも以前はマルタライセンスを取得し運営されていましたがキュラソーライセンスにライセンスの移し替えが行われたようです。

キュラソーライセンスは信頼のあるライセンスであることに間違いはありませんが、数ある各国政府認可ライセンスの中では取得しやすいライセンスであるため、ライセンスのみで危険性を考えることは難しく、安全とは言い切れないのが実情です。

運営実績から考えるベラジョンカジノの危険性

運営実績から考える危険性

運営実績の長さが信頼性につながるということは言うまでもありません。

ベラジョンカジノの運営歴は長く、2009年に設立されてから2021年までの12年の運営歴があります。オンラインカジノ業界では比較的長く運営されており、12年間で蓄積した運営ノウハウをもとに初心者に優しいオンカジを目指し、さらに躍進を続けています。

googleの検索ボリュームでは他のオンラインカジノの検索数が月に多くても数万検索程度なのに対して、ベラジョンカジノは他を圧倒する25万検索となっています。

豊富な運営実績から知名度も抜群で、オンラインカジノ業界ではナンバーワンの有名どころとなりました。

設立されてはすぐにつぶれるといったオンラインカジノ業者も多く、安定した経営は一筋縄ではいかないようです。その点、ベラジョンカジノは日本マーケットを主眼に置き、テレビCM広告まで配信するなどその勢いはとどまることを知りません。

ベラジョンカジノの信頼性と安全性はその運営歴に比例して上がり続けており、危険性は少ないでしょう。

日本の法律から考えるベラジョンカジノの危険性

法律から考える危険性

日本の法律という観点からベラジョンカジノの危険性を考察しましょう。

日本の法律的にはグレーゾーン。つまり合法とも違法とも言えません。

しかしベラジョンカジノ無料版の広告をテレビCMやDAZNCMで使うなどかなり安心して遊ぶことができる状況にあります。

現在まで、海外で運営されているオンラインカジノ利用による日本人プレイヤーの逮捕事例はまだなく、安全に楽しむことができ危険性は少ないと言えます。

日本のカジノ法(IR法)の整備とともにオンラインカジノに対する法律も整備されることが予想されるので、これから注目していきましょう。

サポート体制から考えるベラジョンカジノの危険性

サポートから考える危険性

サポート体制という観点からベラジョンカジノの危険性をみていきます。

ベラジョンカジノのサポートは完全日本語対応。そして24時間メールサポート。日本人が利用するお昼~深夜にかけてはチャットサポートも常に利用することができ、この点は業界でも最も安心して利用できます。

実際にサポートを利用していますが、メールもすぐに返信があり、チャットサポートについてはしっかりとした日本語で(おそらく日本人担当者が)対応してくれるので、トラブルもすぐに対応してもらえます。

オンラインカジノの中にはチャットサポートといってもボット(機械)が対応していたり、外国人が意味のよくわからない日本語で対応していたりする場合も多いです。

日本人がすぐに対応してくれる24時間のサポート体制に危険性はなくこの点は完璧といえますね。

ユーザーの声から考えるベラジョンカジノの危険性

ユーザーの声から考える危険性

実際のユーザーの声をもとにベラジョンカジノの危険性を考えていきます。

ベラジョンカジノの利用ユーザーは日本トップと考えられ、多くの口コミが掲示板やSNS上にあふれています。良い声から悪いユーザーの声まで多種多様です。ここではそのいくつかをピックアップしていきます。

SNS上にあるほとんどのトラブルの口コミは出金に関するものです。

オンラインカジノの出金には注意点があり、基本的には

  • 入金額と同等額のベットをする
  • 入金と出金の方法は同じにする
  • ボーナスを出金するには賭け条件をクリアする

この3点がポイントとなります。初心者の場合はこの点を確認せずに出金申請をしてしまい、止められるということが多くあるようです。

特に賭け条件のクリアはしっかりと条件や内容を確認しておかなければ対象となるゲームを間違っていたり、利用期限に引っかかったりと、せっかく勝利して獲得した資金を引き出せないという状態になってしまうので注意が必要です。

出金が遅いという声もいくつか見られました。基本的には最も時間のかかる銀行出金でも当日~翌営業日には出金完了となりますが、祝日や連休など銀行の対応日によっては着金まで数日以上かかることもあるようです。

ベラジョンカジノの危険性まとめ

ベラジョンカジノの危険性について考えてきました。オンラインカジノは日本では法律的にはグレーゾーンであり、何かトラブルがあればプレイヤーの立場はとても弱いものです。

しかし、日本での業界最大手のベラジョンカジノはゲーム内容はもちろん、サポート面においても大きな実績があり、いくつかの残念な口コミもあることながら、それでも信頼性の高い、現在日本で最も安全に利用できるオンラインカジノであることは間違いないでしょう。

ベラジョンカジノの危険性以外にも、さまざまな悪評口コミについて当サイトでは検証記事を作っているのでこちらもぜひ参考にしてみてくださいね!

- 日本最大、圧倒的な信頼と安全 -

ベラジョンのctaボタン

日本人人気No.1のベラジョンカジノ。
ユーザー数・安全性・信頼性すべてがNo.1!

\\当サイト限定!登録で$35ゲット!//

ビギナーズガイドも用意されています。

コメント

コメントする

目次
閉じる