ベラジョンカジノはイカサマなの?

ベラジョンカジノで遊んでいる人の中には、「オンラインカジノではイカサマが行われているのでは?」と懐疑的に感じている人も少なくないのではないでしょうか。

しかし、ベラジョンカジノではイカサマが行われていない明確な理由があるのです。

本記事では、ベラジョンカジノにおいてイカサマがないことについて詳しく説明していきます。

目次

ベラジョンカジノとIR(総合型リゾートカジノ事業)について

新型コロナウイルスの影響で政府・自治体のIRに関する動きが止まっており、開業時期に関して現時点では不明となっています。

コロナ禍以前においては、候補地が正式決定するのは2022年前後、オープンは2025年前後と想定されていましたが、今後の状況次第でさらに遅れが出てしまうでしょう。

そのため、リアルにおいてカジノを楽しめる日は遠くなってしまっている状態となっています。 そのような状況にある中、インターネットにおいてはオンラインカジノが非常に普及しており、その中でも有名なベラジョンカジノは手軽に本格的なカジノを楽しめるということで大変人気となっています。

ベラジョンカジノのイカサマとは

冒頭でも触れているとおり、ベラジョンカジノは実際に存在するカジノではなく、インターネット上に存在するオンラインカジノです。

ベラジョンカジノにおけるイカサマで想定されるものは、どのようなものがあるのでしょうか。

具体的にオンラインカジノで想定されるイカサマは次のとおりですが、ベラジョンカジノではこのようなイカサマは一切ありませんのでご安心ください。

支払いの遅延及び困難性

ベラジョンカジノで遊ぶためには、チップが必要となります。

現金を仮想のチップに交換するのですが、チップ交換が迅速にできなかったりチップに交換するのに法外な手数料が発生したりするパターンがあります。

悪質なオンラインカジノの中には、チップ交換に関する説明が非常に理解しにくい説明となっているなど、プレイヤーに不利益を被らせるように仕向けていますので、注意が必要です。

換金拒否

ベラジョンカジノは、ゲームで勝った場合チップが支払われ、そのチップを所定の手続きを踏むことによって現金へと換金することが可能です。

しかし、悪質なオンラインカジノではプレイヤーが払い戻しを請求しても、音信不通となってしまうことや換金のタイミングになったところで「日本には対応していない」「不正が疑われる行為があったため換金できない」といった理不尽な理由を突きつけられて現金化できないこともありますので注意が必要です。

ベラジョンカジノがイカサマでない理由について

上述したように、オンラインカジノでは様々なイカサマが横行しています。

しかし、ベラジョンカジノに限ってはイカサマなどないと断言できるでしょう。

Twitterや掲示板の口コミを確認しても分かるように、ベラジョンカジノに関する評判は全てが良いものであるとは言いませんが、悪いものばかりでもありません。また、実際にプレイしている動画をアップしている人もたくさんいて、そこではゲームに勝利している動画もたくさん確認できます。

管理人自身も複数のカジノサイトを同時に開き、実際にいくつかのゲームをプレイしていますが、イカサマは全く確認することができませんでした。

ベラジョンのライブカジノ
スポーツベットアイオーとベラジョンカジノを同時にプレイ

上述した内容は主観的な意見として肯定できるものですが、もっと客観的にベラジョンカジノにイカサマがないことを論じることができます。

ここからは、客観的判断材料によってベラジョンカジノにおいてイカサマがないことについてご説明したいと思います。

運営会社の透明性

ベラジョンカジノの運営会社は非常に透明性を確保しています。 理由は次のとおりであり、以下の内容からも判明しているとおりベラジョンカジノはイカサマを行えるようなカジノではないと断言できるでしょう。

買収経過

ベラジョンカジノとは、マルタを本拠地とするオンラインカジノです。

ベラジョンカジノは、Dumarca Gaming Ltdが開設しており、この会社は2015年に上場しているIntertain Group Ltdにおいて8910万ユーロという高値で買収された経過があります。

会社名の存続

一般的に、経営が不透明であることが想定される場合や会社のブランド評価が低い場合においては、当たり前の話ですが上場の会社に買収はされることはありません。会社の評判が劣悪なものであれば、親会社に合併されたのち適切に整理されてしまうでしょう。

しかし、Intertain Group Ltdに買収されたあとにおいても「ベラジョンカジノ」という名称そのままでオンラインカジノが運営されているのです。それは、買収した後に名称を変更するよりも既存の名称のまま存続させた方が利益があるからに他なりません。

会社に利益をもたらすのはオンラインカジノで遊んでくれるユーザーが多いことが必然であり、ユーザーが多いということはそれだけユーザーから信頼されているオンラインカジノであると言う確たる証拠となっているのです。

巨大な親会社

ベラジョンカジノは上場企業の傘下にあたりますので、不正及び不祥事は親会社の株価等において多大な影響を与える可能性がありますので、不正等はできないのです。

監査機関による認証行為

ベラジョンカジノは監査機関による認証行為を受けています。法的ライセンスであるマルタ政府からのライセンス取得だけに留まらず、第三者機関による監査を受けています。両者から許認可及び認証がされています。そのため、ベラジョンカジノの透明性は証明されていると言えるでしょう。 詳細は次のとおりです。

第三者機関

ベラジョンカジノはGaming Laboratories International (GLI)及びNMiなど、カジノの公正性を調査することを目的としている第三者監査機関により認証されています。

自社ではなく、第三者機関からの認証があることによって、客観的に信頼性が担保されていると言えるでしょう。

法的ライセンス

法的ライセンスについては、ベラジョンカジノはマルタ政府によるMalta Gaming Authorityの規制下におかれ、ライセンス発行及び認可を受けています。ライセンス発行及び認可を受けているマルタMGAライセンスとは、審査内容が非常に厳しいことで有名です。

また、一度認可を取得すればそれが永続的に続くという訳ではなく、取得後においても継続的に非常に厳しい監査が入ります。

そのため、会社においても監査に適切に対応するため自浄作用が効果的に働いているため、本ライセンス取得によって高い安全性が確保されていると言えます。

高額なライセンス取得費用

マルタMGAライセンスの審査は、受けるために高額な費用が発生し審査に要する時間もかかります。

誰でも取得できるライセンスではないからこそ、マルタMGAライセンスを取得しているベラジョンカジノは信頼性が高いと言えるでしょう。

また、逆説的にですが仮にベラジョンカジノが不正を働いた場合、苦労して低入れたマルタMGAライセンスをはく奪されてしまうのです。

既に一定数のユーザーを抱えており、会社として利益を出しているのにライセンスはく奪のリスクを冒してまでイカサマを働くとは考えられません。

そのような観点からもベラジョンカジノは安心して遊べるオンラインカジノであると断言できるでしょう。

ベラジョンカジノにイカサマはなく、安全・安心して利用できる

ここまで、ベラジョンカジノにおいてイカサマがないことについて詳しく説明してきました。

上述したように、ベラジョンカジノは非常に大きく認知度の高い会社の傘下にあります。

また、国からのライセンスだけでなく第三者機関の認証も受けているため、客観的にその安全性が及び透明性が確保されていることをご理解頂けたのではないでしょうか。

それらの理由から、ベラジョンカジノにイカサマがないことも併せてご理解頂けたと思います。

イカサマがないことが分かれば、安心してオンラインカジノを楽しむことができますので、是非ともみなさまエンジョイしてくださいね。

今後、ベラジョンカジノのプレイを考えておられる方にとって少しでも本記事がお役に立てたのであれば幸いです。

こちらの記事も合わせて読むのにおすすめです。

- 日本最大、圧倒的な信頼と安全 -

ベラジョンのctaボタン

日本人人気No.1のベラジョンカジノ。
ユーザー数・安全性・信頼性すべてがNo.1!

\\当サイト限定!登録で$35ゲット!//

ビギナーズガイドも用意されています。

コメント

コメントする

目次
閉じる