ベラジョンカジノのファンタンの遊び方!隠れた人気ギャンブル

ベラジョンカジノではさまざまな種類のカジノゲームをラインナップしており、中にはよほどのマニアでなければ遊んだことがないようなマイナーなギャンブルも存在します。

ファンタンは日本における知名度こそ低いですが本場マカオのカジノでは広く親しまれている人気のカジノゲームであり、多くの人を魅了する強い魅力を備えています。

この記事ではファンタンのルールや遊び方について詳しく解説していくので、まだファンタンで遊んだことがないという方はぜひ目をとおしてみてください。

目次

ファンタンとは

ファンタン

ファンタンは中国の広東地方で発祥したギャンブルで、碁石とお椀、竹べらというカジノゲームらしからぬアイテムを用いてプレイします。

冒頭でも述べたようにマカオのカジノにおいて高い人気を誇っており、カジノ好きを自認するなら避けてとおれない古典的なギャンブルのひとつだといえるでしょう。

またベラジョンカジノではファンタンをトランプ用にアレンジしたスーパーファンタンというカジノゲームをプレイすることが可能です。

碁石やお椀というアイテムに抵抗のある方は、まずはスーパーファンタンに挑戦してみることをおすすめします。

ファンタンのルール

ファンタンのルールをひとことで説明すると、お椀で掬(すく)った碁石の数を予想するギャンブルです。

ただし、単純に碁石の数を予想すると選択肢が多すぎて予想が当たりづらくなってしまうため、ファンタンではお椀の中の碁石を4で割った余りの数を予想します。

碁石の数を4で割った余りは1,2,3,0の4パターンですが、碁石の数が4の倍数ぴったりだった場合は余り0ではなく、余りが4であるとして扱われます。

このようにファンタンはとてもシンプルなギャンブルですが、その他にもさまざまな賭け方が存在するため、そのゲーム性は非常に奥深いといえるでしょう。

ファンタンの賭け方

ファンタンにはファン、サムホン、コック、ヤータン、ニムという5種類の賭け方が存在します。

ここではそれぞれの賭け方と配当について解説していくので、この機会にぜひ頭に入れておいてください。

ファン(番)

ファンはファンタンにおけるもっとも基本的な賭け方で、上で述べたようにお椀で掬った碁石を4で割った余りの数を予想します。

選択肢は余り1,2,3,4の4通りであり、的中したときに獲得する配当はベット額の4倍となっています。

基本的な賭け方ではありますが、後述する賭け方と比べると勝率が低く、またベッティングシステムを適用しづらいため、本気で勝ちを狙う方にはあまりおすすめできません。

サムホン(三門)

サムホンはお椀で掬った碁石を4で割った余りの数のうち3つを選択する賭け方です。

「1,2,3」「2,3,4」「1,2,4」「1,3,4」という4通りの賭け方があり、選んだ3つの数字のいずれかが的中すれば配当を獲得します。

1.3倍と配当は小さいですが、勝率はかなり高いので、小さな利益をコツコツと積み重ねたい方にはおすすめの賭け方だといえるでしょう。

コック(角)

コックはお椀の中にある碁石を4で割った余りの数のうち2つを選ぶ賭け方です。

選択肢は「1,2」「2,3」「3,4」「4,1」の4通りで、選んだ数字のいずれかが的中していればベットした金額の2倍の配当を獲得します。

後述するモンテカルロ法をはじめとするさまざまなベッティングシステムを適用できるので、安定して利益を得たいという方には特におすすめです。

ヤータン(丫攤)

ヤータンはこれまでに紹介した賭け方と比べると少々複雑です。

ヤータンでは「A,B (C)」という3つの数字を1度に選択する賭け方で、AかBの数字が出れば勝ち、Cなら負け、A,B,C以外の数字なら引き分けとなります。

当たったときの配当は1.5倍、引き分けの場合にはベットした金額がまるまる返金されます。

ヤータンの賭け方は以下の12通りです。

  • 2,3 (1)
  • 2,4 (1)
  • 3,4 (1)
  • 1,3 (2)
  • 1,4 (2)
  • 3,4 (2)
  • 1,2 (3)
  • 1,4 (3)
  • 2,4 (3)
  • 1,2 (4)
  • 1,3 (4)
  • 2,3 (4)

かなりややこしいですが勝率が高く、なかなかやり応えのある賭け方なので、ファンタンに慣れてきたらぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ニム(念)

ニムもヤータンと同様に少々ややこしい賭け方です。

ニムでは「A念B」と同時に2つの数字を選び、Aの数字が出れば勝ち、Bなら負け、それ以外の数字なら引き分けとなります。

ニムには以下の12通りの賭け方があり、勝てばベット額の3倍の配当を獲得します。

  • 1念2
  • 1念3
  • 1念4
  • 2念1
  • 2念3
  • 2念4
  • 3念1
  • 3念2
  • 3念4
  • 4念1
  • 4念2
  • 4念3

ニムも比較的ベッティングシステムを適用しやすいので、上で紹介したコックと同様に安定して勝ちたい人にはおすすめの賭け方です。

ファンタンのゲームの流れ

続いて、ファンタンのゲームの流れを紹介していきます。

ベラジョンカジノでプレイ可能なファンタンは今のところライブカジノのみです。

ライブカジノで遊ぶにはゲームの流れを把握しておく必要があるので、この機会にぜひ覚えておきましょう。

1.お椀で碁石を掬う

プレイヤーがベッティングをしている間にディーラーがお椀で碁石を掬います。

2.お椀の中身をテーブルにあける

ベッティングが締め切られたら、ディーラーがお椀の中身をテーブルにあけます。

3.碁石の数をかぞえる

続いて、ディーラーが専用のアイテムを使って碁石を4つずつならべ、数をかぞえていきます。

4.結果に応じて配当を獲得する

碁石の数をかぞえ終わったら、結果に応じて配当を獲得します。

以上で1セット終了です。

ライブカジノでは上記の流れが延々と繰り返されます。

ベットをせずに他のプレイヤーのゲームを見ることも可能なので、好きなタイミングでゲームに参加しましょう。

ファンタンにはモンテカルロ法が有効

最後に、ファンタンの勝率を高める上で有効なモンテカルロ法について解説していきます。

モンテカルロ法はベット額を調整して利益の安定化を図ることを目的としたベッティングシステムのひとつです。

2倍配当と3倍配当の賭け方に使えるので、賭け方によって倍率の異なるファンタンにはぴったりのベッティングシステムだといえるでしょう。

モンテカルロ法の手順は以下のとおりです。

  1. 「1,2,3」という数列を作る
  2. 数列の両端の数字の合計額(この場合は$1+$3=$4)をベットする
  3. 負けたらベット額を数列の右端に書き加える(「1,2,3,4」)
  4. ふたたび数列の両端の数字の合計額(この場合は$1+$4=$5)をベットする
  5. 勝ったら数列の両端の数字をひとつずつ消し、負けたらベット額を数列の右端の書き加える
  6. 4~5を数列の数字がなくなるか残りひとつになるまで続ける

上記の手順は2倍配当の賭け方(コック)におけるモンテカルロ法の使い方です。

3倍配当の賭け方(ニム)でモンテカルロ法を使う場合には、負けたときに数列の両端の数字をふたつずつ消してください。

ラウンド数勝敗数列(2倍配当)数列(3倍配当)
1×1,2,31,2,3
2×1,2,3,41,2,3,4
3×1,2,3,4,51,2,3,4,5
4×1,2,3,4,5,61,2,3,4,5,6
52,3,4,53,4
63,4
7

上記の表は2倍配当の賭け方と3倍配当の賭け方の数列の違いをまとめたものです。

数列の増え方は同じですが、減り方に大きな違いがあることがわかります。

モンテカルロ法では1セットが終了したときに必ず利益が出る仕組みになっているため、正しく実践すれば高い確率で利益を得ることが可能です。

慣れるまでは面倒に感じるかもしれませんが、少ないリスクで安定して利益を得られるので、ファンタンの勝率を高めたいという方はぜひ一度試してみることをおすすめします。

- 日本最大、圧倒的な信頼と安全 -

ベラジョンのctaボタン

日本人人気No.1のベラジョンカジノ。
ユーザー数・安全性・信頼性すべてがNo.1!

\\当サイト限定!登録で$35ゲット!//

ビギナーズガイドも用意されています。

コメント

コメントする

目次
閉じる